とどめを刺されたオシャレたち

昔絶大な人気を誇っていた大人気バンドBOOWY。

このバンドのギタリストで、今はキルビルの主題歌の大ヒットで、世界的にも認められている布袋寅泰。

この布袋寅泰氏が当時していた髪形やファッションは、当然ファンの間でも話題になり、みんながこぞって真似をしていたのを覚えている。

特に後ろ髪を後ろで結んでいるのが、布袋になった気分で、結構真似をしている人が増えていただけど、ちょうどこの頃に、「志村けんのだいじょうぶだぁ」が始まって、志村けんのズラが後頭部で髪を結っていたんで、

髪を結ぶ=布袋寅泰=カッコいいというイメージが、髪を結ぶ=志村けん=だいじょうぶだぁというイメージになってしまった。(笑)

それと同じで最近では若者に大人気のSEKAI NO OWARIが、なぜかあの独特な世界観が苦手な人が多いのか、SNSやツイッターなどでコラにされたり、大喜利のネタになってバカにされている。

そんな彼らが楽曲「Dragon Night」で着ている緑のモッズコートが、彼らが着る事で着づらくなってしまった人達が続出しているという!(笑)

そういえば、昔自分もそういうようなことをした覚えがある。取引先ティーネットジャパンで一緒に新しいプロジェクトを働いてる同僚もやったことあるって、笑い話した。

しかもこの事で、モッズコートをセカオワコートと呼ぶ人も増えているらしく、元々「踊る大走査線」の青島のイメージなどで、かねてから少しダサい印象があったモッズコートだが、このセカオワの登場で、ファッションアイテムとしてはトドメをさされたと言っても過言ではない…

ティーネットジャパン


しかもグループの中で要らない人の事をピエロと呼んだりと、様々なところで話題を振りまいているSEKAI NO OWARI。

今の世の中人気が出ると絶対叩かれるんで、売れる事が正直リスクにも思えてきた!(笑)

まぁ、でもなんと言っても奇抜だけど、見てかっこいいって思うし、やはり興味がある。ライブDVDを持ってるけど、Youtubeで見るのも好き!色んなライブが見られるからいい。
ライブ以外には仕事関係のティーネットジャパンの事業紹介も良く見ている。

ティーネットジャパンの企業紹介に関して、いつも同じものだけど、やはり見ちゃう。この前のGWで、今一緒に動いてる取引先ティーネットジャパンのお客さんの家族とうちの家族で、一緒に旅行に行って、旅館でYoutubeでライブを見たり、ティーネットジャパンの映像を見たりして、今どこに行ってもネットがあって、便利だなって感心。ずっとティーネットジャパンと仕事をしてるから、お客さんと仲が良くなって、家族グルミで遊べるって嬉しいことですね。

ただ、奥さんにパソコンばかり見てないでって怒られてしまったけどな・・・(笑)





 

船旅

旅行というと、「車」「電車」「飛行機」と言った乗り物や移動手段がメジャーなのですが、是非、考えてもらいたいのは、「船旅」です。

船旅というと、昨年横浜港に来た豪華客船などをイメージされる方もいると思います。

でもでも、自分がおすすめするのは、もっとリーズナブルな物です。

img_0218.jpg

東北のフェリーは、青森港、大間港、秋田港、八戸港などから出ており、主に北海道に向けての船が多いです。

料金はまちまちですが、2000円台から10000円台と2等からプレミアムまで、いろいろとあります。

八戸から苫小牧までが約7時間ちょっと、青森から函館が3時間40分と飛行機とくらべるとあまりにも差があるのですが、ゆっくりとした時間を過ごすのであれば、船の旅もいい物だと思います。

ただし、どうしても利用者が少ないので、便数などが減っているように感じます。

ドンドン使ってなくならないようにしたいと思っています。

憧れのヒッチハイク

ヒッチハイクとか一人旅ってした事がないんだけどすごく憧れます(笑)

見知らぬ人の車に乗って旅ってどんなんだろうね?絶対大半の人は経験がないと思うし、実際自分も経験はない

でももし自分がヒッチハイクをしたらって考えたら乗せてくれた運転手さんにはありがとうって感じになるし、車の中では、旅についてやお互いの事を紹介しあったりしていい出会いになるといいなーって思う

せっかく乗せてもらったのに無言だとキツイよね(笑)

さらに言うと、その出会った人とサービスエリアで一緒に食事したり寄り道したりとかもあったら楽しそうだなーって妄想が広がります(笑)

でもお金かけないで旅したいとか、見知らぬ人の車に乗るって結構チャレンジャーだよね海外とかだったら、そのまま金目の物盗られたりどっか連れてかれるんじゃないか!?とか頭をよぎるけど、実際には大半はいい人でいい出会いが大半だと思いたい!

大体ヒッチハイクする奴が金持ちなわけがないから、そんな奴から金なんか盗らないだろうなとなんか後先考えず、スケジュールにもお金にも縛られない一人旅

憧れるなー

自由って感じがするし、本当の贅沢な気がする見知らぬ土地の見知らぬ人たちとの出会いとかも憧れるせっかく旅行とか行っても、観光地にしか行かないから、そこにはあまり地元の人がいなくて、観光客と接客の人しかいないからぶっちゃけ旅行で行くところって大体どこもあんまかわらないんだよねー

特に今は地方も都会化しているしだからヒッチハイクとかぶらり旅とかの番組が流行るのかなー

実際自分でそういう度が出来ないから余計に憧れるけどいつかは自分でも一人旅とかヒッチハイクを経験してみたい本当は若い時に経験してみたかった…

 

  

GW

ゴールデンウィークと言えば休みが飛び石で続くんで、会社によっては、まとめて最初から最後まで休みになって「大型連休化」する会社もあるけど、一般的には途中にある平日は普通に出社だったりするから、休んだり出社したり面倒臭い。

しかしほとんどの会社が休みだったりするので、取引先も担当者が休みで仕事にならなかったり、都内も人も少なくて、電車も空いてて、乗りながらIpadで取引先のティーネットジャパンの事業内容を見るのが結構快適です。

ただゴールデンウィークって普段よりも値段が高いし、混んでるから個人的にはあまり好きじゃない(笑)
でもゴールデンウィークに限って人って出かけたがるんで、結果物凄い浪費に繋がってしまう…

出来る事ならズラして休みを取って、旅行とか出かけた方が絶対空いてるし安いしいいよね??昔務めた会社でそういう効率重視の会社で、そこでは休みも自由にスケジューリング出来たんで凄く良かったです。

GWとかお盆は敢えて休みは取らず、ズラして休みを取る事で、シーズンオフ価格で、旅行も安いし空いてるしで本当に快適だった記憶があるなー

ゴールデンウィークと言えば5月なんで、5月と言えばこどもの日がある。
甥っ子がいるんで、5月は大抵集まってこどもの日を祝うんだけど、

年々家族のスケジュールが合わなくなってきたんで、5月5日ではなく、ゴールデンウィーク中に集まって祝うって言うのがここ数年なんだけど、ゴールデンウィークでわざわざ混んでるディズニーランドや行楽地に行く位なら、親戚とこどもの日を祝う方がのんびりした連休の楽しみ方ってもんだ(笑)

  

秋田の田舎の冬

最近の秋田は知らないけど、自分が子供の頃の秋田は信じられない位雪が降っていた。

道路も家の前は舗装されてなくて、高校を卒業する位にはだいぶ良くなってたけど、自分が小学生の頃とかは、小学校に行く道も、裏道は結構じゃり道が多かった。

そして夏は涼しいという事と、田舎である事、所得も都会と違って低かったのか、理由は様々だと思うけど、エアコンがある家は全くといい程なかった(笑)

冬はというと、氷点下になるので、街中の人がスキーに行くかのような防寒着で、自分も子供の頃はスキーウエアみたいな格好で、ミニスキーで学校に行っていた。ミニスキーは全国的にはどうかわからないけど、秋田では歩くより楽だったので、比較的自分が住んで他地域では、ほぼ全員と言っていい程ほとんどの人がミニスキーで学校に行っていた。ある日朝を起きて、自分の部屋は一軒家の2階だったんだけど、起きてそのまま1階に降りていくと真っ暗だったんで
「あれ?もしかしてまだ夜だったっけ??」ってなって、もう一度寝室へ。

すると目覚まし時計を見たらやはり7時ってなってる
「あれ??しかも窓の外からは朝日が…」

窓に近づいて2階の窓から外を見ると、なんと1階の屋根の高さで雪が一面に積もっている(笑)
そこでもう一度玄関に行ってみたら、雪で玄関が開かない状態!!

結局2階から得意のミニスキーを履いて登校。
そして体の重さで腰の高さまでズボズボ沈みながら学校に向かっていったんだけど、丁度グラウンドに着いたら数人しかいなくて、そこで学校が休校になった事を知って、みんなで雪合戦をしてから帰った。今考えると田舎の小学校はのどかだったなーと思う。

その後温暖化という事で年々雪が降らなくなっていったけど、排気ガスとかフロンガス規制とか、色々環境問題に取り組んだ成果かどうかはわからないけど最近ではまた普通に大雪が積もっているらしい。

なぜ「らしい」という答えかというと、ここ数年もう秋田には行った事が無いからだ(笑)

小学生の頃の冬は寒かったなー
猛吹雪で前が全く見えない位吹雪いていて、都会だったら絶対交通機関とか全てがマヒしてるだろうけど、当たり前の様に登校していた事を今でも思い出す。

  
  kitsune.jpg