秋田の田舎の冬

最近の秋田は知らないけど、自分が子供の頃の秋田は信じられない位雪が降っていた。

道路も家の前は舗装されてなくて、高校を卒業する位にはだいぶ良くなってたけど、自分が小学生の頃とかは、小学校に行く道も、裏道は結構じゃり道が多かった。

そして夏は涼しいという事と、田舎である事、所得も都会と違って低かったのか、理由は様々だと思うけど、エアコンがある家は全くといい程なかった(笑)

冬はというと、氷点下になるので、街中の人がスキーに行くかのような防寒着で、自分も子供の頃はスキーウエアみたいな格好で、ミニスキーで学校に行っていた。ミニスキーは全国的にはどうかわからないけど、秋田では歩くより楽だったので、比較的自分が住んで他地域では、ほぼ全員と言っていい程ほとんどの人がミニスキーで学校に行っていた。ある日朝を起きて、自分の部屋は一軒家の2階だったんだけど、起きてそのまま1階に降りていくと真っ暗だったんで
「あれ?もしかしてまだ夜だったっけ??」ってなって、もう一度寝室へ。

すると目覚まし時計を見たらやはり7時ってなってる
「あれ??しかも窓の外からは朝日が…」

窓に近づいて2階の窓から外を見ると、なんと1階の屋根の高さで雪が一面に積もっている(笑)
そこでもう一度玄関に行ってみたら、雪で玄関が開かない状態!!

結局2階から得意のミニスキーを履いて登校。
そして体の重さで腰の高さまでズボズボ沈みながら学校に向かっていったんだけど、丁度グラウンドに着いたら数人しかいなくて、そこで学校が休校になった事を知って、みんなで雪合戦をしてから帰った。今考えると田舎の小学校はのどかだったなーと思う。

その後温暖化という事で年々雪が降らなくなっていったけど、排気ガスとかフロンガス規制とか、色々環境問題に取り組んだ成果かどうかはわからないけど最近ではまた普通に大雪が積もっているらしい。

なぜ「らしい」という答えかというと、ここ数年もう秋田には行った事が無いからだ(笑)

小学生の頃の冬は寒かったなー
猛吹雪で前が全く見えない位吹雪いていて、都会だったら絶対交通機関とか全てがマヒしてるだろうけど、当たり前の様に登校していた事を今でも思い出す。

  
  kitsune.jpg